2017年9月26日火曜日

vol.10「コナン」

幼稚園のとき、どんなマンガを読んでたっけ??



たしか、「からだのひみつ」みたいな「ひみつシリーズ」的な学習マンガだった気がする。ぼろぼろになるまで繰り返し読んでだっけ。








こないだ幼稚園年長の生徒がマンガの単行本を読んでいたので、タイトルを覗き込んだら「名探偵コナン」だった。幼稚園でいきなりコナンとかいいね(笑)








だってコナンはかっこいいから。



コナンのかっこよさが分かるんだから、将来有望だね(笑)








コナンの何がかっこいいって、お金で問題を解決しないとこ。








人生の「たいていのこと」はお金で解決できる。でも逆に言えば、「たいていのこと」しか解決できない。



そうなんだよ、お金はたいていのこと「しか」解決できない。これに早く気づいた人はついてるね。かっこよくなれるチャンスが増えるから。








「お金で解決できるたいていのこと」以外の「こと」を解決すればするほど、人って魅力的になるし、強くなる。「お金で解決できないこと」を解決しようとしている人だけがまとうキレがある。








でも、お金で事件を解決するコナンとかひくわー(笑)



誰も観ないし。



ん、いや、違った意味で観たいかも(笑)








コナンが直面する問題はお金で解決できないことばかり。しかもそれを子どもが解決するというギャップ。わくわくするし、どきどきするし、頼もしいし、かっこいいし。








お金で解決できないことを解決する。だからコナンはかっこよくて人気がある。



お金で解決できることは、答えのある問題を解くのと一緒。お金を払うという答えがあるからね。








でも、お金で解決できないことは、答えのない問題と同じ。それを解くことは、人生の謎を解くこと。それを普遍化したのが哲学なんだよ。








お金で解決できない問題を集めて、それをたくさん解決してきた人間はかっこいい。だって本当の意味で自分があるから。








自分の哲学があるから、どんな問題も解決できる。それがそのままその人のたたずまいとなり、言葉にできない雰囲気をかもしだす。








(→NEXT










0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。